特別展示

第2回アサマビバークミーティングの会場には、ホンダがその草創期に技術の研鑽の場とした浅間火山レースで活躍したファクトリーレーサーRC160、そしてアフリカツインの歴史を語るうえで欠かせない2台、さらに今なお大地に挑戦を続けるファクトリーラリーマシン、CRF450RALLYの現車が展示されます。コンクールコンディションの1988年 XRV650(初期型アフリカツイン RD03)がホールから持ち出され、浅間火山レースを走ったRC160と同じ会場で展示されるのは、たぶんこれが最初で最後です。(協力:ホンダコレクションホール)

注 : 車両はいずれも大変貴重なものであるため、天候や輸送の条件が悪い場合展示が行われないこともあります。予めご承知おきください。


RC160 1959年

XRV650 1988年
XRV750 1993年


CRF450Rally 2015年